« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月の記事

2020年6月30日 (火)

噛み千切られる思い。

娘の上と下の歯がだんだん成長しています。

前まで自分の指をハムハム噛んでいましたが、

先日油断してたら噛み千切られるんじゃないかぐらいな

見事な噛みっぷりでした。



もちろん、指の一本や二本差し出せますよ!


2020年6月23日 (火)

ボコボコ。

娘が、かわいすぎます。

将来連れてきた男をボコボコにできるよう、

今日から鍛えようと思います。

2020年6月17日 (水)

誕生祭

今日は、愛する嫁の誕生日ということで。

18:00.00.00.00.00000000000000000............に帰ります!

誰も邪魔すんじゃねーぞ!!!!!!

2020年6月15日 (月)

おスネかじりむし。

「スネをかじる」全くもっていいひびきだー。


この言葉に対して否定的に受け取る方と、むしろかじれるのは一種の才能だと親が立てなくなる

までしゃぶりつくしてやろう
というくず人間がいるわけですが、当たり前に自分は後者の人間で

す。(当たり前に感謝の気持ちは持ってます。)


ただ、しゃぶりつくしてはみたものの、親は今だ全然ピンピンとびはねてますよ!!


かじることに対して強く肯定する気持ちも否定する気持ちも全くもってないんですが、

自分が子供を授かって初めて芽生えた、すねを差し出したい感情。自分がかじり倒してきた分、

自分のこどもにも立てなくなるまで
しゃぶりつくして欲しいという願望。

そのためにはひ弱なスネを鍛える必要があるということを熱望。


なんでも形から入る自分は足を鍛えるランニングから始動、まずは長生きする健康体が必要。

ただ、頑丈なスネだけではいずれ子供のあごが鍛えられたらあっという間になくなっちゃう。

そこで育てるのは
大きくて頑丈なスネ、つまり当たり前に稼ぎということですか。

この稼ぎは相当な苦労した人間だけが得られる権利であり


今から大きくしていくには、頭フル回転で人の何倍も努力する必要があるがな。。。



ただ、嫁のスネをあてにするってのもある。

2020年6月12日 (金)

無罪にしていただきたい。

不倫はあかんよ。

お釈迦さまも不倫は罪だとおっしゃられています。



不倫してる本人はどれほどの人に迷惑かけるか想像できねんだろーな。

少なくとも、「自分の夫もしくは妻」、「子供」、「自分の親」、

「自分の夫もしくは妻の親」、「不倫相手」、「不倫相手の夫もしくは妻」、「不倫相手の子供」、

「不倫相手の親」、
「不倫相手の夫もしくは妻の親」に迷惑かかること自覚したほうがいいべ。



とはいえども、私も過去に一度だけ嫁の夢の中で不倫したことがあり、その時のお相手がNか村さんでした。


Nか村さんは当時「黒いガングロギャル」だったそうです。


事実とかけ離れた点がいくつかあるので、無罪としていただきたい。

2020年6月 7日 (日)

卵の黄身を老後の養育費に使う。

「卵の黄身を老後の養育費に使う。」


自分の寝言だそうです。他にも、

今から何するの?の答えに


「今から出港するんや!!!」


らしいです。

 
寝言に返事をするとあの世へ連れて行かれるので、どうかお控えいただきたい。




2020年6月 4日 (木)

午前中と3時間半

我が家の便器がつまりだし、朝一番から俺のう○ちのせいにされ、

処理しに来たのが15:30ごろ。その間ずっと、う○ち容疑者ですよ。

よりによって在宅ワークでした。



業者に理由を聞いたところ、原因は木のねっこがからみあって、わしゃしゃーっなってたとかで、

疑いは晴れたものの、「何も気にせず、すくすく育ってね💋 」 なんて。。。。。



おもえるわけねーだろがよーーーーー。



てめーーーー!!!!

返せ!!!!俺の午前中と3時間半!!!!!!



何食わぬ顔して人の肥やしですくすく育ってんじゃーねえぞ!!!!!!!



« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »